人にやさしい介護を目指して。医療・福祉の連携と生活・介護の融合により、多様なニーズに応じたサービスを提供します。

2018年 新年のご挨拶

 2018年 「新年のご挨拶」

明けましておめでとうございます。

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

平素は弊社の運営に、皆様方の深いご理解とご協力を賜り厚く御礼を申し上げます。

さて、弊社ディア・レストグループで最初に設立をさせていただいた㈱M&Cコラボレイションが、本年4月をもちまして、創業15周年を迎えることとなりました。これもひとえに関係者の皆様方のお陰でございます。深謝申し上げます。

今年は、2018年、平成30年です。天皇の生前退位が、おそらく、2019年4月になると言われております。元号がどのようになるかは、わかりませんが、実質、今年が平成の最後の年になると思います。そして、団塊の世代が後期高齢者となり、日本の高齢社会のピークを向かえる2025年まで、あと7年となりました。世界一の超高齢社会の日本においては、国保の財源や人材確保がますます厳しさを増してくると思われます。2030年以降には団塊の世代の要介護者が急増すると予測され、このままでは深刻な介護危機をむかえると言われております。日本の介護は本当に国民的な大きな課題です。

介護保険財政が逼迫をしている中、政府は2015年からの骨太方針に基づき、介護給付の抑制や国民負担の増加の抑制を強調しています。また、「介護離職ゼロ」政策が提言されている中、その事とは逆行して、短期的な介護報酬の抑制等により中小介護事業者の経営を圧迫し、この数年、介護事業者の倒産件数が急増しています。

現在、介護の効率的な提供を求めるために、これまでの量だけの出来高方式から要介護の改善度合いに応じた成果方式(ペイ・フォー・パフォーマンス)が検討されています。要するに一定の成果をあげて評価を得られなければマイナスになる、すなわち評価をされなければ、淘汰をされていくと思います。実地指導等の強化もその評価につながっているのではないでしょうか。

介護ロボットやICT化・IOT化の導入を促進し、現場での負担軽減や生産性向上をはかることは不可欠であり、また、留学生の介護士の育成と国際貢献を目的とした介護技能実習生の外国人の雇用についても不可欠であり、人材不足の一助となり、文化的な背景の違う外国人との相互理解は、職場の活性化にもつながると思います。このことについても、5年先、10年先の将来のために、関係先やディア・レストグループとの連携を強化し、この1年間で、しっかり基盤を確立していきたいと思います。

今年は、平成最後の年であり、まさしく節目の大きな転換期の年でございます。

10年ぐらい前に、選択肢が広がり選ばれる時代に、そして、5年ぐらい前からは淘汰される時代になってくると警鐘を鳴らし、この10数年、理想とする企業像や企業理念を実現するために、経営者として様々な提言をしてきました。

そして、私が経営者として、いきついたビジョンが「AS ONE = 一致団結」です。

今後、市場や政策や制度がどう変わろうとも、利用者の皆様のサービスの質の向上、質の高いかつ効率的な介護の提供を目指して、常にAS ONEであれば、成果をあげ評価もされ淘汰されることはないと信じています。

『「しょうがない」を漢字で書くと「笑がない」。「笑がない」って諦めていたら笑いのない世の中になってしまう。でも「やってみま笑!」って笑い、楽しみながら動いたら必ず笑いがあふれる世の中になる。』

皆様のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

                                                                    平成30年  元旦

                                                                   ディア・レストグループ

                                      代表   藤川 泰成

 

 

 

 

お問い合わせ TEL 082-819-3800

PAGETOP
Copyright © ディア・レスト可部 All Rights Reserved.